[ Top & Index ]
 
 
 
 
 
 
万年筆はときには、ステイタスや宝飾品としての役割が求められたりします。しかし当店のお客さまである万年筆愛用者の多くは、好きなインクを選び、それを柔らかくしなやかな筆記感で紙に乗せていく "記す快感" それ自体を愛していらっしゃいます。時代遅れで劣った筆記具をステイタスのために無理して使っているのではなく、筆記具として優れていると考えている愛用者は少なくありません。そのような視点でショーケースに並ぶ万年筆を眺めるとき、正味の筆記性能として 『 必要十分 』 を感じさせる万年筆は国産に多く見られます。そのような、トラブル無く書くことに関して文句の無い手頃な製品の一つが、セーラー社の定番品プロフィット21です。選んで失敗はありません。
 
 
               [ N E X T ]